HOME > MESSAGE

体験の過程(プロセス)を通して
私たちは暮らしを豊かにします

創造的な活動において,「つくる・見る・お手伝いする」など立場はいろいろです。そして,作品に対する感想も人それぞれ。かっこいい,ワクワクする,優しい,ちょっと怖い,不思議。。みんなで,どうしてそう感じたかを意見交換して見かたや考えかたを深める方法(対話による鑑賞)も普及しつつあります。

衣装選びや料理の盛り付け,靴を揃えたりお掃除をしたりといった,何気ない日常の中でも知らないうちに居心地の良さを求めて,私たちは創造的な活動をたのしんでいます。

「表現」とは,当事者の想いそのもの。作品に込めた芸術家独自の解釈は,私たちの暮らしに心地よい刺激を与えてくれますが,無理に分かろうとする必要もありません。まずは自分の見方で解釈すれば良いのです。お互いに解釈が違っても,それも鑑賞する楽しみかたのひとつです。

Dotama Galleryでは,様々な価値観の出会いを提供します。そしてお互いの立場に寄り添った伴走型の支援を心がけて運営にあたっていく所存です。

みなさま,どうぞよろしくお願いします。


展示を希望する個人・団体を募集します

Dotama Galleryは,芸術的な活動を行う個人や団体,教育機関(幼児〜専門学校・大学)や地域のコミュニティサークルなどに展示スペースをお貸しします。年に1回(教育機関は年2回)は1週間無料。有料オプションでは,最大3週間まで延長できます。

展示室にて作品販売を行う場合にも,現金・クレジット等で対応致します(売上に対して手数料率を頂戴します)。詳しくはお問い合わせください。
 


設立者の作品を紹介します

【WORKS】Dotama Gallery 代表 槇和郎の陶芸作品をご紹介致します。
 


高松市内のギャラリーを紹介します

【CONNECT】コロナ禍で閉業を余儀なくされているところもありますが,借りられるギャラリーや企画展示や販売している店舗などの一覧をご紹介致します。